スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告
[Edit]

バリオスⅰ購入

大学3年の夏休み前半、バイクの免許を取りました。

バリオスに乗るまでかなり紆余曲折を経ましたが、こいつはかなり乗りやすく走りやすいバイクっすね

バッフルを付けた状態と外した状態で少し走りが変わってくるのも、また面白いところです。外すとうるさいので装着していますが…笑

image

image

image
スポンサーサイト
[ 2017/09/04 16:23 ] バイク
[Edit]

プチツーリング

IMG_1827_narita

IMG_1758_narita

IMG_1759_narita
▲キャブクリーナーで清掃するために、パイプを外したところ

◆行程◆
🏠→千葉ニュータウン→ジョイフル本田→坂田ヶ池→郷部サイゼ→印旛沼花火大会→一泊→成田空港→🏠


本来は、銚子と鹿島を回る二泊三日の行程だったが、曇ってて寒かったため、急遽成田観光をして帰還することにした。

というか、カブは長時間乗ってると疲れる... 長距離移動には向いてないという当たり前のことを実感した。
[ 2015/10/12 09:23 ] バイク
[Edit]

カブのサス通す軸のねじ山を舐めた(→解決済み)

image

完全にやらかした。カブって車体を貫いてる軸のねじ山ピッチは全部0.75で、他の部分とは違うことを初めて知った()

ピッチ0.5のネジを一生懸命インパクトドライバーでぶち込んでしまったため、このようなことに。結局ナットがはまらなくなり...

image

潰れたねじ山に食いついてくトゲトゲがついてる金属板を挟み込み、サスが抜けないように苦肉の策...
というか、軸が5mmくらいしか出てきてないの、さすがにおかしくね?ナットはめらんないっしょwって思いつつ、この状態で暫く走ってた( ^ω^)・・・

そして、元々付いていた純正サスをよく見たら、社外サスよりも軸を通す部分の幅が細くて、ナットがちゃんとはまりそうという事に気づく。

そんで、ピッチが合ってるネジとインパクトドライバーでねじ山を修復しつつ、元々の純正サスに戻してみた。





実はこの軸のパーツ、車体と溶接してあるので、交換するとしたら車体をまるごと交換しなければならない。サスペンションの固定が一部されていない状態で乗り続けるのは危険すぎるし、もう一台新しいカブを買うことすら検討していた。

でも、とりあえずちゃんと固定が復活できて、ほっとした。ε-(´∀`*)ホッ


今回の反省

・社外サスペンションの中には、軸を通す部分が太くて、そもそもサイズが合わないものもあるので要確認
・ネジが途中で止まったら無理やり締めずに、ねじ山のピッチがあっているかも確認する。ミリネジかインチネジかも要確認。
[ 2015/09/29 01:21 ] バイク
[Edit]

デラックスカブをプレスカブ化してみた

夏休みの写真を振り返ってたら、プレスカブ化最中の写真が出てきたので記事を書いてみる。

7月下旬、某氏宅に行った時、廃車で出たプレスカブのパーツを色々もらってきた。で、自分のカブ(デラックス)をプレスカブ化してみよう、という事になった。緑のプレスカブなんて見たこと無いので、これは面白そうだということで、早速作業開始。

image


前後のキャリアはあっさりと交換できてしまった。デラックスのを外して、プレスのをつけただけ。

各部色がちょっと違ったりするけど、一応緑のプレスカブ完成w

image


感想
・キャリアが大きいとボックスが乗せやすくて良い
・前のでっかいカゴも何かと便利
(だけど走行中にすり抜けてもやだし雨にも濡れるし、実際あんまり使わない。使うなら、カバーでも付けたい)
・ウインカーとヘッドライトの配線は先送りに。というか、プレス化したらハンドルの部分にウインカーあるのに違和感しかなくなってしまったw
・サス交換時に車軸のネジ舐めました(これについては別記事参照)
[ 2015/09/29 01:21 ] バイク
[Edit]

マフラー交換

マフラーが朽ち果てたので、交換しました。

ギアチェン時のショックが多少和らいだ気がします。
あと走行音も変わったかな。

image
▲左が新品、右がぼろぼろになったマフラー

image
▲サビもひどい


image
▲やっぱりこのマフラーがカブには一番似合います


前カゴ取り付け、後ろキャリア交換でプレス化が進んでるカブ。
ウインカーの配線が次の課題になりそうです。

image
[ 2015/09/03 22:41 ] バイク
[Edit]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。